スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.10.02 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

無真獣は、はてなの巣穴に引っ越しました。

無真獣の巣穴

このブログはそのまま残しておきます。今後の更新は新しいブログがメインになります。
Dragon Age関連など、一部の記事は新しいブログに再投稿する予定です。

ご愛読ありがとうございました!無真獣の新しいブログにご期待ください!!

ブチネコさんのLINEスタンプ&グッズ販売中です

ブチネコスタンプ好評販売中
http://line.me/S/sticker/1188926


無事審査を通過し、LINEスタンプ第二弾が販売開始されました。

ブチネコスタンプサンプル1

ブチネコスタンプサンプル2

使い勝手がいいかどうかはかなり微妙なところ。ま、自分はLINEほとんど使わないので問題ないです。

それはさておき、販売記念にSUZURIでグッズも作りましたのでそっちもよろしくお願いします。

ブチネコマグサンプル
https://suzuri.jp/musin/omoide/1458
▲竜騎猫の冒険マグ3種。右上は裏面。

ブチネコ戦士トーとサンプル
https://suzuri.jp/musin/277451/tote-bag/m/natural
▲ぶち猫戦士たちの冒険トート。レトロゲーム風味…?


無真獣グッズ販売中

※サンプル画像と色が違うとかちょっと輪郭がぼやけてるとかあると思いますのでご了承ください。





LINEスタンプ第二弾、ブチネコさん(予定)

ブチネコスタンプサンプル

だいぶ間が空きましたがLINEスタンプの第二弾が完成しました。まあ、まだ審査があるので決定ではないですが。

今回はちょっと原案を人に頼んだっていうか家族にお願いしたので、いつもの自分の絵とは少し違うものもあります…って結果的にそうでもないです。ほぼ自分が勝手にやりました。
絵柄をころころ変えてみたり、擬人化レベルが変化したり、日常的だったりゲームっぽかったりです。
かわいいとは何か…とか色々考えてると辛いので、ファンタジーなゲームっぽさを入れたらだいぶ楽でした。

ドラゴンライダーブチネコさん

個人的に気に入ってるのがこのドラゴンライダーなブチネコさんですね。ドラゴンなんて描いたの中学生以来なんじゃないでしょうか。最近爬虫類の素晴らしさに目覚めたので、楽しく描きました。さすがに量産するにはもうちょっと練習が必要なようです。

というわけで、今回はスタンプ40個、2週間ほどで一気に描きました。前回が1ヶ月以上かかったと思うのでそれに比べればだいぶ進歩しましたね。まあ原案があったおかげでもあるのですが。
気も抜けていたし、具合は悪いし、熱は下がらないし、無職になりそうだし…という最悪な環境の中でなかなか迅速に作ることが出来ました。ええ。まじで。
しかも、前回と違って苦行じゃなかった。うん、ファンタジーというかゲーム要素があるととても楽しいですね。今やってるドラゴンエイジや、スカイリムとか想像しながら。

…では、無事審査通過することを祈って。第三段は未定です…



LINEスタンプ第一弾、青い猫のスタンプもよろしくおねがいします
青い猫のスタンプバナー(雑)
http://line.me/S/sticker/1003398






[Dragon Age]デイルズエルフについての情報、個人的見解あれこれ〜その3〜[自由研究]

その1その2もあります。デイルズの魔道士事情についてもどうぞ。エルフの歴史をおおまかにまとめた年表もあります。どこから読んでも問題はないです。
※うろ覚えの箇所も多く、すべての会話、コーデックスを確認したわけではないので、正確性は保証出来ません。
※基本的にネタバレはありませんが、軽微なネタバレを含む可能性はあります。気になるのであれば、おすすめしません。
※DA:I本編は無事クリアしました!


引き続きデイルズエルフについての雑多な情報や個人的な見解を。今回はDA:Iの物語に深く関わってくるエルフの神々など、デイルズエルフの信条に関わるものである。彼らはどんな神に祈り、どんな物語を聞いて育つのか。より深いデイルズRPの助けになれば幸いである。

【エルフの神】
狼の彫像

デイルズエルフが信仰している古代の神々についてだが、伝承や歌などが多く存在し、また謎も多い。現在残っている伝承は、長い時間の中で大きく変えられてしまっている可能性が高い。単に神格化された信仰の対象というだけではなく、実際に存在した、あるいは今も存在する人智を超えた未知の何かである。

ここでは、一般的に知られていること、現在のデイルズエルフたちが考える、物語や宗教としてのエルフの神々について簡単に紹介する。

エルガナン
太陽と大地の間に最初に生まれたと言われている。太陽を沈めたとされる。全能の父、復讐と雷の神とも呼ばれる。そのすべてを破壊する激しさゆえに、復讐をエルガナンに願うことはないのだと言う。

ミサール
偉大なる守護者と呼ばれる。エルガナンが沈めた太陽を復活させたのがこのミサールであるとされる。回復や公正を司る女神(ちなみに、DA2の回復アイテムとして、ミサールの祝福というものがある)。正しいものには寛大だが、正しくないものには激しい罰を与える一面がある。裁きを願うなら、この神だろう。

フェンハレル
戦慄の狼、ドレッドウルフとも呼ばれる。裏切り者、反逆の神とも。古い神々を追いやったのはこのフェンハレルだと言われている。恐ろしい存在としてよく語られる。デイルズの間では魔よけとして狼をモチーフにすることがあるようだ。

ダーサメンファロンディーン
このふたつの神は共に語られることが多い。双子の兄弟であるとも言われる。ダーサメンは秘密の管理者、ファロンディーンは死の友などと呼ばれている。デイルズは死者を弔うとき、ファロンディーンに祈る。

アンドロール
狩猟の女神である。伝令にフクロウを使うこともあるらしい。狩人が祈るとしたらこの神だろう。

ギランナン
すべてのハラの母、最初のハラとされる。道案内を司っていると見られる。ハラたちはギランナンの声を届けてくれるのだと言う(ハラは神を持つ獣、などとも言われる)。デイルズが移動する際、アラベルをハラに引かせるのはおそらくこのためである。

ジューン
工芸と建築の神である。職人が祈るとしたらこの神だろう。

サイレイズ
生活の守り手であり、アンドロールの姉妹であるとされる。


これらはあくまで現在のデイルズが信仰している神の話であり、伝承にはいくつかの真実も含まれているだろうが、古代にあった信仰、実際の存在とはまったく違う形になっている可能性が高い。ちなみに、デイルズエルフが神に祈るときには「造形主(Creators)」という言葉が使われる。

この古代の神々については、DA:Iのメインクエストで訪れることになるミサールの神殿に興味深いものが多く残されている。同行する魔女モリガンに尋ねてみるのもいいだろう。そして物語を進めていけば、その知られざる真実の一面を見ることになる。


【デイルズの英雄たち】
エメラルドの墓場

DA:Iで訪れることが出来るエメラルドの墓場には、デイルズ王国に命を捧げた英雄たちを偲ぶための木が植えられている。古代エルフの時代のものではなく、アンドラステによって解放された後の時代のものであることに注意(年表)。
ここに記されているのは、デイルズ王国のエメラルド騎士団として有徳軍と戦った者だけでなく、騎士団の創設者や失われた技術の復活に貢献した者たちも含まれる。

マサリン
タナレス
ブリアソス
ヴァーレル
リンディラナエ
エルノラ
ララフェリン
カルマー
スラン

この中に書物でよく見かける部族名のララフェリンという名前があるが、これはハラムシラルの貴族の名である。デイルズの王国にも身分制度があったようだ。ララフェリン部族は自分たちがララフェリンの子孫であると主張しているらしい。部族名についてはここでも書いたが、その他の部族の名前も祖先に関係している可能性がある。

リンディラナエとは、対デイルズ有徳軍と戦ったエメラルド騎士団の一人であり、最も勇猛な剣士であったと言われる。彼女はイヴァヌラという剣の使い手で、最後まで有徳軍に抗い続けたのだと言う。デイルズのみならず、教会側にもその名を残している。

こうしたデイルズ王国時代の英雄たちの物語は、現在のデイルズエルフの間でも語り継がれていると見られる。これらをふまえて、DA:Oのデイルズの語り部の話に耳を傾ければ、理解が深まるだろう。
興味があれば、DA:Iにてエメラルドの墓場北東付近を探してみるといい。その先の遺跡には騎士達の墓がある。そこでは悪名高いレッド・クロッシングでの虐殺(エルフたちがレッド・クロッシングの村を襲って村人を虐殺したというもの。デイルズ王国滅亡に繋がるオーレイとの戦争の引き金になった)について、ひとつの真実が記されている。
また、この付近ではデイルズを追い求めて力尽きた旅の学者の亡骸なども見ることが出来る。デイルズエルフの部族に出会うことの困難さがうかがえるものである。数々の著作を持つ有名な修道士、ジェニティヴィでさえ、デイルズを取材するのは困難だったそうだ。




---------------------------------------------------
これでDragon Ageのデイルズエルフについての記事はひとまず終了とする。

DA:Oからプレイしていれば自然と大抵のことが分かってくるのだが、注意して探さなければ分からないことも多く、デイルズエルフが具体的にどんなものか、エルフの歴史とは、神とは、など意外に全体を把握しにくいのではないか、また自分も理解できていないところが多いことに気がつき、こうしてまとめることになった。
DA:Iからこのシリーズを始めた方にとっても、デイルズエルフの背景を理解する助けになれればと思い、できるだけ簡単に、分かりやすくすることを心がけたつもりである。

本当にくどいが、間違いが多くあると思うので、そこだけは注意してほしい。Dragon Ageシリーズには膨大な情報があり、分岐も多く、すべてを確認するのは至難のわざである。しかも、自分は英語が苦手であり…資料集や小説は未読である。英語版のWikiには多少目を通したのだが、正直言ってどれくらい読み取れたか怪しい。

デイルズエルフをもっと知りたいのであれば、Dragon Ageに深く浸りたいのなら、ぜひゲーム本編で調べ、会話し、読んでほしい。Originsでも、2でも、Inquisitionでもいい。



音漏れの荒野

これらの記事を書くきっかけを与えてくれた宮廷魔道士ヴィヴィエンヌと、修道士ジェニティヴィに敬意を込めて。











[Dragon Age]セダスのエルフ史年表

※この記事はDragon Age 用語 Wikiの年表を参考に、エルフに焦点を絞ってまとめたものです。ゲーム本編では意外と分かりにくいエルフの歴史の流れを、簡単に説明してみました。

※教会暦は「教皇の時代1:1」のように表されますが、この場合は教会暦1期1年ということです。〜の時代というのは年号のようなものです。ちなみにタイトルのドラゴンエイジは、ゲーム本編の時代、竜の時代のことです。
教皇の時代1:1から始まって1:99まで、その次が教会暦2期である栄光の時代2:00となります。ひとつの時代は0〜99年までの100年です。

※間違いがある可能性があります。詳しくはWikiなどで確認してください。

※ここでいうデイルズとは主に土地、エルフの国のことです。ご注意ください。

エルフの壁画

【エルフ暦】
1FA(紀元前7600年)
古代エルフ文明、エルヴェナン全盛時代。ゲーム中よく耳にするアーラサンとは都市の名前。シリーズにたびたび登場する鏡、エルヴィアンはこの時代の遺物。

4500FA(紀元前3100年)
セダスに人間が現れる。

【テヴィンター暦】
0TE(紀元前1195年、エルフ暦6405FA)
王国統合によってテヴィンター大帝国が建国される。
この頃既に人間とエルフは対立しており、テヴィンター大帝国は勢力を拡大していく。

220TE(紀元前975年)
テヴィンターの賢者たちによってアーラサン滅亡。エルヴェナン文明が完全に滅びる。エルフたちはテヴィンター大帝国の人間たちの奴隷となる。

1015TE(紀元前180年)
アンドラステとマフェラス率いるアラマリ人がテヴィンターに侵攻、道中で奴隷身分にあったエルフを解放する。
エルフであり奴隷であったシャータンをリーダーに奴隷解放運動が起こる。

1030TE(紀元前165年)
アンドラステの死後、解放されたエルフたちにデイルズの土地が与えられる。
ここに新たなエルフの王国が生まれる。

1192TE(紀元前3年)
アンドラステ教会が誕生する。

【教会暦】
教皇の時代1:1(1195TE)
ジャスティニア1世が最初の教皇となる。

教皇の時代1:25
この時代オーレイは勢力を伸ばしていたが、長く続く第2次ブライトとの戦いの時代でもあった。
デイルズに程近いモンシマードの街が壊滅しかけたとき、エルフたちは何もしなかった。このためにオーレイのエルフに対する感情が悪化していく。

栄光の時代2:5
オーレイとデイルズの間で小競り合いが起きる。

栄光の時代2:9
エルフが人間の村レッド・クロッシングを襲う。これをきっかけにオーレイが宣戦布告。オーレイとデイルズの戦争が勃発。

栄光の時代2:10〜2:20
エルフたちがモンシマードを制圧、ヴァル・ヨロー侵攻を図る。人間たちは教会の名の下に対デイルズ有徳軍を結成しデイルズに攻撃をしかけ、首都ハラムシラルを征服。デイルズのエルフの国は壊滅し、デイルズはオーレイ領になる。

こうしてエルフたちは再び祖国を失い、人間社会で二級市民として生きるシティエルフと、人間の支配を拒絶し放浪生活を送るデイルズエルフに分かれ、現在に至る。ゲーム本編の時代(竜の時代9:30〜9:40)から700年以上前のことである。


----------------------------------------
備考
対デイルズ有徳軍について、エルフには独自の信仰があり、異教徒の討伐という大義名分があった。そのためにデイルズのエルフ王国は徹底的に滅ぼされた。アンドラステに救われたエルフが、アンドラステ教会によって新天地を失ったことに注目してほしい。デイルズエルフにとってアンドラステはかなり複雑な存在である。

オーレイとデイルズの間の不和については、人間側の見解とエルフ側の見解が異なる。
特にレッド・クロッシングの村で起きたことについて、現在のデイルズエルフたちは人間の方から仕掛けたものであるとしている。そのあたりの複雑な真実はDA:Iのサブクエストで一部判明する。

教会の発表は教会の視点であり、デイルズが語る物語はデイルズの視点であることに注意されたし。真実はこの限りではない。





デイルズ審問官先生
「しっかりノートとってくださいね。赤文字はテストに出ますよ。」







        

Profile

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Selected Entries

Categories

Archives

Recent Comment

  • Vitaちゃんを買いました。[追記あり]
    musinju73
  • Vitaちゃんを買いました。[追記あり]
    むろ
  • 猫 その2
    musinju73
  • 猫 その2
    muro
  • 朝靄
    musinju73
  • 朝靄
    つた
  • ゲームの風景がどうとか、そんな感じのぼやき
    musinju73
  • ゲームの風景がどうとか、そんな感じのぼやき
    dai2dx
  • 青い自画像
    musinju73
  • 青い自画像
    edhhl

Recent Trackback

Links

Search This Site.

Others

Mobile

qrcode

PR

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM